【XREA Free】「403 Forbidden」エラーでWordPressの管理画面・サイトにアクセスできない事態が発生

スポンサーリンク

何もしていないのに急に「403 Forbidden」

403 Forbidden

Forbidden
You don’t have permission to access /wp-admin/index.php on this server.
Server unable to read htaccess file, denying access to be safe

先日、いつものようにブログを更新しようとしたところ、以上のようなエラーメッセージが表示されました。
ワードプレスの管理画面も、サイト自体も、同じ403エラーでアクセスできない状態に!

何か変更を加えたわけでもないので、しばらく待って様子を見てみたものの改善せず…。
どうやらサーバー側の障害ではない模様です。

403エラーが発生した時の原因・対策

・ドメインの設定(DNS設定)が不適切である
・.htaccessの設定が不適切である
・WAFの設定が不適切である
・パーミッション(権限・属性)の設定が不適切である
・一時的にアクセスが増え、サーバー側で制限をかけている
・レンタルサーバー自体の障害やメンテナンス

引用403エラー(Forbidden)が出る場合の原因と対処方法 | NB-STYLE – ネットビジネススタイル

403エラーの主だった原因は以上の通りのようです。
よく分からないなりに、いろいろと調べて対処方法を実行してみたのですが、結局何をやっても改善しませんでした。
こういうエラーが出たのは初めてなので、かなり焦りました。

どうしようもなくなったので、最終的にレンタルサーバー公式に問合せしてみることに。
ちなみに、レンタルサーバーはXREA(バリュードメインと同じところ)の無料版を利用しています。

「ディスク容量オーバーによる凍結」が原因と判明!

Xrea Free 403エラー問い合わせ

メールで問い合わせたところ、1時間もせずに以上のような返信が届きました。

なんと、403エラーの原因は、ディスク容量オーバーによるサーバー凍結でした。
これは全然疑っていなかったところだったので、すぐに問い合わせしておいて良かった…。

不要ファイルを削除し、再度連絡したところ、すぐにサーバー凍結は解除されました。
これでようやく403エラーから復帰することが出来ました。

警告メールからサーバー凍結・解除まで経緯

  • 1月下旬 「ディスク容量・ファイル数超過警告メール」が届く
    →不要ファイルを削除
  • 3月中旬 容量オーバーによりサーバー凍結
    →問い合わせ、不要ファイルを削除
    →サーバー凍結解除

今回、サーバーが凍結された経緯は以上の通りです。
1月に警告メールが来た時に、一度ファイルは削除したのですが、またすぐにいっぱいになってしまっていたようです。

サーバーが凍結されても、特に何も連絡はなかったので全く気づきませんでした。
無料のレンタルサーバーなのであれこれ言えませんが、メールぐらい欲しいなぁ…。

BackWPUp以外のバックアップ方法を探さないと…

容量が1Gしかないとはいえ、なぜこんなにすぐに容量オーバーしたかというと、原因はBackWPUpのプラグインでした。
自動でバックアップをしてくれるよう設定していたので、あっという間にバックアップファイルでいっぱいに…。

Xrea Free ディスク使用量

BackWPUp関連のファイルを削除すると、ディスク容量はあっという間に20%以下になりました。

別のバックアップ方法を探そうと思いつつ、結局放置してしまっていたんですよね。
そのせいで今回こんな大変な目にあったわけですが…。
さして頻繁に更新するわけでもないし、もう手動でバックアップでもいいかなぁと考えています。