突然の暑さのせいでとてもネガティブになっている…

憂鬱そうな女性

スポンサーリンク

まさかの5月の猛暑日

この週末はあまりにも暑かった…!
まだ5月の末だというのに、まさかの真夏日。
北海道など一部地域では35℃以上を記録したそうで、異常気象もいいところです。
なんとか扇風機のみで乗り切りましたが、眠りが浅かったせいで妙にぐったりしています…。

私が生きているわずか数十年の間に、これだけハッキリと温暖化が進んでいるのが怖すぎる。
このままのペースで行くと、将来どうなってしまうんだろう…。

将来のことを考えると希望が見えない…

最近のニュースを見ていると、将来についてとても悲観的になってしまいます。
温暖化のことだけでなく、頻発する地震や超高齢社会の介護や年金の問題など…。

お金を持っていない若者が、自分たちより金銭的に豊かな高齢者のために、年金を徴収されるという意味が分からない…。
将来的に自分たちも年金を受け取るわけではあるが、今、年金に持っていかれる分を、そのまま自分で投資に回すことが出来ればなぁ…。

あと、自分ひとりの生活だけで手一杯なのに、その上さらに、年を取った両親二人分を支える金銭的・物理的余裕がある?
親にはたっぷりお世話になっているから、介護をしようという気持ちはあるけど…。

このままでいいのか?という問いかけ

こんな風に将来のことについて思いをはせていると、「このままの生活でいいのか?」と焦りを覚えます。
肉体的にも精神的にも健康で、家族や親戚のしがらみもなく自由にできるのは、今ぐらいしかありません。

せっかくの大切な期間なのに、日々の大半をつまらない仕事に費やしてしまっていていいのか。
将来のためにせっせと貯金や投資をせずに、今をもっと刹那的に楽しんだほうがいいのでは。
──などと考えてしまいます。

でも、とりあえずお金を稼がないと生きていけないからなぁ。
働かなくていいなら、騒音に悩まされない人里離れた静かな場所で、柴犬とふたりでひっそりと引きこもって暮らしたい。