【Amazonの返品】自己都合でも「とある条件」で着払い(返送料無料)で返品できるはずだったけど…

段ボール 梱包

スポンサーリンク

商品を間違って購入してしまった…

今月に入ってから、久しぶりにAmazonでいろいろと買い物をしました。
2,000円未満だと送料がかかるようになったので、細々したものはまとめ買いをするしかないんですよね。
それはさておき、今回の買い物の際に、ひとつ間違って注文してしまった商品がありました。

それがこちらのケーブル。
MicroUSBケーブルを買うつもりだったのに、何とも初歩的なミスをしてしまいました…。
TypeCのケーブルを持っていてもどうにもならないので、仕方なく返品することに。

自己都合の場合のAmazonの返品規定

お客様都合の返品・交換
・未使用かつ未開封の場合:商品代金(税込)を全額返金します。
・開封済みの場合:商品代金(税込)の50%を返金します。

開封状態にかかわらず、配送料・手数料およびギフトラッピング料を返金いたしません。また、返送料は個別に例外を示す場合を除きお客様のご負担となります。

(引用Amazon.co.jp ヘルプ: 返品・交換の条件)

今回のケースは、「間違って購入した」ということなので、自己都合の返品になります。
開封する前に気がついたおかげで、商品代金は全額戻ってくるものの、返送料はかかるというわけですね。

靴やカバンと一緒なら返送料が無料に!

着払いによるご返送
以下のいずれかの場合は、返送料はAmazon.co.jp 負担(着払い)となります。

・トラブルや不具合がある商品
・服&ファッション小物、シューズ&バッグストアの商品のうち、Amazon.co.jpが発送する商品(試着後でも商品到着後30日以内なら着払いで返送できます)
・腕時計、ジュエリーストアの商品のうち、Amazon.co.jpが発送する30万円(税込)未満の商品(商品到着後30日以内に返送する場合)
・Dash Buttonを使って注文した商品
・「元払いによるご返送」に該当する商品と、「着払いによるご返送」に該当する商品を同梱する場合

(引用Amazon.co.jp ヘルプ: 返送について)

ただし、実は、今回はその返送料すらかかりませんでした!
なぜなら、サイズの合わなかった靴と一緒に返品をしたから。

Amazonでは、靴やカバン、服などのファッション関係の商品は、試着後でも着払いで返品できるというシステムがあります。
上記の規定に書かれているように、「元払いの商品」でも「着払いの商品」と同梱すれば、返送料がかからないのです。

今回は、たまたま靴を返品するのと同じタイミングだったので、ラッキーでした。

と思いきや、なぜか返金金額が500円引かれている…

Amazonの着払い返品自体は、何度か行ったことがあるので、スムーズに完了しました。
しばらくしてから、Amazonから「返金の確認」のメールが来たのですが…。

靴のほうはちゃんと全額返金されているものの、ケーブルの方は200円しか返金されていませんでした。
元の値段が700円なので、なぜか500円引かれているということになります。

よく分からないけど、500円なる金額ということは、もしや返送料が引かれている…?

Amazonのカスタマーサービスに問い合わせした結果

1回目:「500円減額されていたのは返送料」とのこと

お問合せいただいた注文番号:○○○(商品名『Anker PowerLine USB-C & USB-A 3.0ケーブル (0.9m ブラック) Galaxy S8 / S8+、MacBook、Xperia XZ他対応』)が減額されて返金されている経緯について確認したところ、返品理由が「間違えて注文した」を選択いただいており、元払いで返送する商品を「着払い」で返送している可能性がある為、減額されている可能性がございます。
(一部省略)
しかしながら、今回当サイトに返送する場合の表記についてもわかりづらい点があったかと思われますので、今回に限り送料として減額されている500円を返金させていただきます。

非常にもやもやするので、Amazonのカスタマーサービスに問い合わせしてみました。
メールでの問い合わせでしたが、2時間ほどで上記の内容の返信がきました。

500円はやはり返送料として引かれていたみたいですね。
とりあえず返金はされたものの、なぜ「元払い扱い」になっているのか…。

2回目:結局「Amazon側のミス」だった

このたびは、ご注文商品の配送料について、ご迷惑をおかけしておりますことをお詫びいたします。

誠に申し訳ございませんが、お調べしたところ、システムエラーの原因で減額されることがわかりました。

気になるので、さらに問い合わせをしてみたところ、1時間もしないうちに返信が返ってきました。

結局は、Amazon側のミスだったようです。
これで気になっていたことがすっきりしました!

まとめ:何事も確認が大事!

今回は、たまたま丁寧にメールチェックをしていたので、すぐに手違いに気づくことが出来ました。
普段ならメールは流し読みすることが多いので、うっかりスルーしてしまっていたかも…。
たとえ500円とはいえ、返ってくるべきものはちゃんと返ってきて良かった!

「商品を返品して終わり」ではなく、返金の金額までちゃんとチェックすることが重要ですね。
何事も確認が大切ということを改めて実感した一件でした。
そもそもが、商品をしっかり確認して注文していれば、こんな手間はかからなかったはずだし…。